スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影機材

影に使っている機材の紹介です。

galaxy S II SC-02C / ISO320 1/17s
s-2011-08-21 02.38.39-1

自分がが写真撮影を始めたきっかけはフィギュアの撮影です。
その頃は父に譲ってもらったCANON PowerShot G7を使っていました。

フィギュアを集めて写真を撮っていたんですが、撮っていくうちに段々とフィギュアでは物足りないなと思うようになりました。
それからしばらく経った頃ドルフィードリームの存在を知ります。
ドルフィードリームはまさに自分が求めていた物でした。
パーツを簡単に変えられて自分好みの子が作れること。
色々なポーズが取れること、服を着せ替えられること。
所有欲を満たしてくれる大きさと存在感。

話がそれすぎですね。
写真を撮りはじめたのきっかけはそんな感じで、この前足を踏み入れたばかりです。
まだまだ未熟なので間違ったことを書いているかもしれません。お気をつけください。

てなわけで機材の紹介。

※最初の写真はスマートフォンで撮ってみました。この大きさなら結構見れる?


ディはCANON EOS Kiss X4を使用しています。
購入時に7D、50Dと迷ったんですがHD動画撮影に惹かれてKiss X4を選択しました。
全然動画撮ってないんですけどねー(*'ω`*)
今のところ被写体が熱帯魚ぐらいしかないのでなかなか機会がありません。

7Dと50Dも触りましたが手が小さい自分には少し大きく感じました。kissぐらいの大きさの方が扱いやすいです。
でも持ち比べてみるとkissのグリップが小さくてホールド感が甘いのがよくわかります。
携帯性とのトレードオフですかね。

Kiss X4は入門機なので現在EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISのレンズキットで52000円程度と手が出しやすい価格です。
付属レンズのEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISも特に不満はないですし、初めてのデジ一ならばこれで十分に満足できるんじゃないでしょうか。
どうせ買うならもうちょっと頑張ってKiss X5や60Dを買ってもいいと思います。
この二機種はバリアングルモニターが付いていて便利です。
たまに自分のにもバリアングルモニターが付いていればいいのになぁと思うシーンがあります。
なくてもいいけれどあれば間違いなくどこかで便利なシーンがあるかと。

ボディの乗り換えはまだまだ先になりそうです。
それまでこの機種で色々なものを掴みますよ!



次にレンズです。

CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

EOS Kiss X4 + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS / ISO1600 33mm F4.5 1/10s
ss-IMG_2732.jpg

レンズキット付属のレンズ。現行はⅡになっているようです。
最近はあまり使っていませんが、特に悪いところもない良いレンズだと思います。
絞り・焦点距離全域で綺麗に写ります。下手な昔のレンズよりも使いやすいのでは。
手振れ補正もいい感じ。
一眼レフカメラっぽい被写界深度が浅い写真を撮るならもう少し開放絞り値が小さいレンズの方がいいですね。次に紹介するレンズとか。


CANON EF50mm F1.8 Ⅱ

EOS Kiss X4 + EF50mm F1.8 Ⅱ / ISO3200 F1.8 1/500s
ss-IMG_3988.jpg

撒き餌レンズ。
見事に釣られました。そのうち50mm 1.4か1.2Lに買い替え予定。
明るい。軽い。AFうるさい。フォーカスリング扱いづらい。安い。
コストパフォーマンスが良いです。
開放だと周辺の収差が少し大きいかなーと思います。
でも開放で撮る被写界深度が浅い写真は凄く「ぽくて」楽しいです。
特にレンズに興味がなくてもこれは買っておいていいんじゃないでしょうか。あとになってもっと良い物が欲しくなるかもしれませんが。


CANON EF100mm F2.8 マクロ USM

EOS Kiss X4 + EF100mm F2.8 マクロ USM / ISO1600 F2.8 1/15s
ss-IMG_1470.jpg

ドールを撮る時は大体これか50mmを使っています。
開放から全域でシャープに写りますし、中古で安く手に入ります。これもいいレンズだと思いますよー。
こいつもそのうちLレンズに買い替え予定。


CANON EF70-200mm F2.8L IS USM

EOS Kiss X4 + EF70-200mm F2.8L IS USM / ISO100 195mm F3.5 1/60s
ss-IMG_3858.jpg

なんでこんなレンズ持ってるのといった感じですが、実は100mmマクロとこのレンズはKiss X4を買ったときに父に譲ってもらいました。
CANONを選んだのはそういうわけです。
ドール撮影ではほとんど使いません。
宝の持ち腐れですね。


MC PELENG 3.5/8 A

EOS Kiss X4 + MC PELENG 3.5/8 A / ISO400 F3.5 1/25s
ss-IMG_2997.jpg

魚眼レンズ。
買ったばかりでまだまだ使い込めていません。
星や風景を撮るときに使うつもりです。
空間の広がりが面白いです。
開放では収差が大きいですが二段も絞ればキリッとします。


あとは三脚やリモートレリーズぐらいですかね。

部屋で撮る時は基本的に三脚に乗せて少しシャッタースピード長めで撮っています。
少し暗くして露光時間を長くすると目に光がいっぱい入って綺麗なんですよー(’ω`*)

以上でーす。



上述の通り本格的に写真撮影をはじめたのはドールがきっかけです。
そのためドール以外の被写体には見向きもしませんでした。
しかし最近は少しずつ風景写真等にも興味が出てきました。
今までドール単体を可愛く撮ることだけ考えて撮ってきたので写真撮影の土台が全く出来ておらず、なかなか上手くいきません。
でも新しい発見が沢山あって楽しいです。ドール撮影にも活かすことができそうです。
視野を広げるのは大事ですね。

実は風景撮影をしてるのはドールの野外撮影の下見ついでだったりするんですが。
ドールのみをクローズアップして撮影し続けてきたので周りの情景と合わせて撮影する難しさに四苦八苦しています。
ドールの新たな魅力を引き出せるよう頑張りたいです。
今後積極的に野外撮影に出向くつもりなのでそのうち写真もお見せできると思います。
住んでいるところが田舎なので周りの自然を活かして沢山撮りたいですね。


まだまだ知らないことだらけなので少しづつ学んでいっています。
間違いながらも進歩していると思いたいです。

知識を得ること、考えて解決すること、上達すること。(できるだけ頑張らずに(´ω`*))
僕はそんなことが大好きなので写真撮影は楽しいです。
機材の購入を検討するときのわくわく感も好きです。


さてもう話がまとまらないので今回はこの辺で終わっておきます。
次回はドールをお迎えするにあたり初心者さんが気になる事のひとつ、色移りについて書きたいと思います。
それではヽ(’ω’*)ノ

【次回】色移り
s-IMG_4066.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キヤノンの撒き餌はニコン派の私でも羨ましかったです 泣くなくニコン 35mm f1.8を買いましたが・・・w
単焦点の面白さを安価で入りやすくしてくれる良いレンズですね

物撮りとポートレートばっかりなので風景なども勉強の為に撮らないとなぁっと痛感しましたw

Re: No title

>すいひんさん
いつもコメントありがとうございます(’ω’*)
撒き餌レンズと呼ばれているだけはありますね。しっかり引っかかりました。
35mmいいですねー。APS-Cで50mmだと風景を撮るというよりも風景の中の何かをを撮るって感じの画角になっちゃいます(’ω`*)それはそれで楽しいですけどね。
風景撮影面白いですよー。ドールの野外撮影にも活かせそうですしオススメです。
カウンタ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。