スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

易更新です。
最近撮った写真でブログ以外に上げた物の解説とか小ネタとか。

ssIMG_7318.jpg


めは少し前に撮ったゆきかちゃん。

ssIMG_7127.jpg

・キャッチライトについて。
キャッチライトとは目に入っている光のことです。
ドルフィードリームのアニメアイは初めから虹彩に書き込まれています。
一方グラスアイは書き込まれていないため、キャッチライトが欲しい場合は自分で入れてやる必要があります。
キャッチライトが無いとどこか怖い印象を与える場合があります。
キャッチライトが無ければ全てがそんな印象を与えるかといえばそうではありませんが、やはり光が入っていた方が生き生きとした印象を受けます。
アニメアイでも書き込まれている物に頼らず実際にキャッチライトを入れてやると印象は大きく変わります。
この写真ではキャッチライトを入れるためレフ板で照明を反射させています。
レフ板といってもきちんとした物ではなく100円均一で売っていた白のスチロール板です。
軽くて適度な反射率で水に濡れても平気。四角いキャッチライトが入れられる。何より安い。(そこ貧乏くさいとか言わない。
うちで一人で撮るんだからいいんです。使える物は使えば良いんです。
てなわけで今まで自分で撮った写真は目が暗いなーなんて思ってた人はキャッチライトを入れて生き生きした写真を撮ってみましょう('ω'*)


はちょっとえっちぃ写真三連発

一枚目はぺたん座り
ssIMG_7315.jpg

・パーツについて
この3枚の写真では社外製のパーツを使用しています。
胸は「ぴ~ち☆パイ」
胴体ふとももは「やわ尻」
どちらも人肌ゲル製のパーツです。柔らかいです。
柔らかいことにより普通のパーツでは出来ない表現が可能になります。
例えば胸を寄せたり変形させたりといったことはデフォルトのパーツでは難しいですが、これらのパーツを使うことでそういったことが可能になり、他にも可動域が広がるといった恩恵を受けることが出来ます。
三枚の写真もこれらのパーツを活かした物です。

実際にノーマルボディでやってみるとわかりますがぺたん座りをするのはかなり難しいです。
どうしても膝の部分が不自然になってしまいます。
でもこれらのパーツならそんなに違和感なくぺたん座りをさせることができるようになります。
あとは胸が変形するので手を股の間に持っていくことも可能になります。

二枚目は正面
ssIMG_7337.jpg

この写真でもパーツが活かされています。通常のパーツだと股を完全に閉じることは出来ませんがこのパーツはそれが可能になります。

三枚目は後ろ
ssIMG_7326.jpg
このお尻のラインは一体物でないと出せません。

・見えない支え
上の三つの写真のポーズは普通にさせようとしても上手くいきません。
なのでそのポーズが出来るよう見えないサポートをしています。
一枚目の写真ですが、太ももは90度近くまでしか曲げられないため、そのままだと手を地面に付くことが出来ません。
そのためお尻の下に丸めたティッシュを置いて嵩上げしています。
二枚目は紐を持っている手と閉じた股です。
紐を持つことは出来ないので手の甲にマスキングテープで貼り付けています。
股は閉じようとしても開いてしまうため足首を紐で結んでいます。
三枚目は首と顔。
首のところが柔らかいパーツになるため可動域は増えますが、内部フレームの保持力が弱いためそのままだと頭の重さで首が前に倒れてしまいます。そこで前に倒れないように見えないアングルに支えを入れています。

とまぁこんな感じで実は見えないところで工夫しているよーと言うお話です。
私は写真は「そう見えればいい」「見えなければいい」と思っています。
そのために補正したり見えないところで工夫をするのは悪いことではないと思います。

ついでに工夫したけどいまいちだったよって写真
ssIMG_7386.jpg

膝枕写真を撮ろうと思い、どうせなら本当に膝枕からの視点が欲しいなと考えふとももに鏡を置いて撮ってみました。
たしかにそれっぽい写真は撮れましたがこれだと普通に立たせて下からとっても変わらないと思います。
恐らくその撮り方の方が早くて自由度の高い写真が撮れます。
時間をかけてやってみたのですが方法の選択を失敗しました。


後にもう一枚。
ssIMG_7496.jpg

新しい機材を導入しました。
スピードライトです。
以前から一つ持っていたんですがストロボでのライティングは難しそうで敬遠していました。
しかしライティングについて調べていたところ欲しくなってしまい、新しい物を追加で購入しました。
それによりワイヤレスのスレーブ発光が可能になりました。
というわけで上の写真は試し撮りです。
マスターはカメラに付けて後ろのレフ板にバウンスさせて被写体を柔らかく照らしています。
スレーブは背景布に当てて背景を飛ばしています。
新しい機材を買うと新しい表現が可能になってそれを研究するのは楽しいです。
これからはライティングも拘っていきたいです。


でも新しいことに手を出すとお金が・・・
新しいレンズも欲しかったんだけどなぁ・・・('ω`)
それはまた別の機会ですね。

今回はこの辺で。
それでは(*'ω'*)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

柔らかパーツ うちの娘にも欲しいな・・・

ペタン座りすごい~!!
いい写真を撮るには創意工夫も重要なんですね。
勉強になります!

他所のドールの画像を見ても「うちの娘の方がカワイイぢゃん!」
と思うのですが、silinderさんとこの娘達には敵わないです・・・

ヤヴァイですね!セクシィ~ですね!今回のえりかちゃん!
ハァハァ・・・・
輸血しないと死ぬかもDEATH(*ノ∀ノ)

No title

お嬢さんそんな格好では、お風邪を召しますよ。
おじさんが暖めてあげ・・・

色々な撮影テクを駆使してたんですね。
娘さん達もよう愛されて幸せそうですにゃ

こんな使い方が・・・

柔らかい胸パーツとかに、ポーズの範囲を広げる用途があったとは・・・
今まで興味なかったけど、ちょっと欲しくなりました。

それにしてもシリンダさんは可愛く撮るのが上手ですね。自分ももっと研究しないとっ!

ストロボでの撮影は、単純に暗い場所か、日中シンクロくらいでしか使ったことがなく、ドール撮影に使うのって殆どやったことないので、自分も今後試してみたいですね。

Re: 柔らかパーツ うちの娘にも欲しいな・・・

>んとんとさん
色々なポーズをさせていればどのぐらい動くのかというのは掴めるので、
次はどうすればさせたいポーズが出来るのか考えるといった感じですね。

私もうちの子が一番かわいい!と常々考えていますw
でもやはり他にも可愛いと思ってしまう子がいるのでそういったときは悔しいですね。
その子に負けないように自分の子を可愛く撮ろうと頑張っています。

近頃ちょっとそういう傾向でしたので次からはえっちさに頼らない方向性で行きますのでご安心下さいヽ(*'ω'*)ノ

Re: No title

>でぶ猫船長さん
いえいえ部屋は暖かいのでその必要は無いですよ・・・

できるだけ頭でイメージしたそのままを再現したいのでいろいろ試しています。
愛のぱうわです('ω'*)

Re: こんな使い方が・・・

>しきぶさん
副作用としてえっちな写真が撮りたくなりますふふふ・・・
表現が広がるので持っていて悪いものではないと思います。

ありがとうございます。うちの子の可愛さを少しでも伝えられればと親バカぱわーで頑張っております。

使いこなせるようになれば色々な表現が出来るようになる気がします。
ドール相手だと近い距離で使うことが多いからなのかなかなか上手くいきません早く使いこなせるようになりたいです('ω'*)

No title

ドールにこれほど引き込まれたのは、初めてです(鼻血)
えりかちゃん…恐ろしい子っ!
しかし、本当に上手く撮られますねー

Re: No title

>紫電さん
ありがとうございます('ω'*)
上手く撮るコツは愛です!
カウンタ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。