スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

粉症がつらい。
IMG_5787.jpg

毎度毎度の雑記です。


粉症つらい
長崎から福井に来て5年経ちました。25歳になりました。
福井に来てからは症状が軽くなったと思っていたんですが、今年はつらいです。
目のフチ裂ける。
目が捨てられた子猫みたいになってます。
大阪ドルパで並んでるときにずっと鼻かんでたのが僕です。

そんなこんなで外出が嫌で引きこもっていたら桜のシーズンを逃しそうだったので少し前にあわてて撮ってきました。
次の日にはほとんど散ってましたね。せふせふ。

ssIMG_5769.jpg

この写真は下の6枚の写真を合成しています。

ssIMG_5769-2.jpg

左上の写真だけで被写体のライティングは完成してます。
街灯をイメージして被写体の斜め上からLEDパネルライトを当てて前に影を落とし、その光をレフ板で被写体の影部分にもまわしています。
それに加えてディフューザーを付けたフラッシュで正面からも光を当てました。

あとは桜の色が欲しかったので、フラッシュを当てて桜の色を出した写真を何枚か撮ってそれらを比較明合成。
比較明合成とは画像を重ねて比較してより明るい部分を優先的に残し、一枚に合成することを言いいます。

これを使って何ができるかというと、
例えば蛍を撮る時に同じ構図で撮ったものを何枚も合成して数を増やすことが出来ます。
ssIMG_2442-2.jpgssIMG_2458-2.jpg

例えば星の軌跡を再現できます。
ssIMG_0590.jpgssIMG_0340.jpg

ちょっとした画像編集話でした。
ゼンゼンズルクナイヨタジュウロコウトニタヨウナモンダヨ

話が逸れましたがこの桜スポットは明かりが道路照明灯しかなく、それがまたナトリウムランプというオレンジ色の波長以外を全く出さない光なので演色性がゼロ。
それだけで綺麗な色の写真を撮るのは無理なんですよね。
なので今回はライティングを頑張ってみました。
一度のライティングだけでは足りなかったので合成も。
スピードライトをあと2つ持っていれば一発で撮れたかも知れません。
この絵を撮るために行ったので写真はこれ一枚です。



M42マウントレンズ
IMG_5889.jpg

少し前から買い集めていて、8個ほど持っているのでドールを被写体とした作例と共にレンズを紹介する記事を連載してみたいと思っています。
第0回を近いうちに更新予定です。



ルパ
僕は花粉症もあり参加しないんですが、
以前に紹介したつらら工房さんが出展されます。
ブースはDD-256
ブログ見てると修羅場ってるようですが、今回はアイのラインナップ、数共に十分とのことです。
みんな!ドルパは!つらら工房に!行こう!(雑な宣伝)



ームタウンドルパ大阪の買い物紹介記事を書かないといけませんね。
既に記憶が曖昧になってきております。
早めに書きます。
それでは(*'ω'*)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど。この写真は合成技術も使われてたんですね。
できるだけ写真は後処理なくライティングで頑張る(鍛錬)と思ってたので合成ってPhotoshop持ってるけどそんなにメインで練習した事無かったんですが、興味深い記事でした。
花粉症大変かと思いますが、春が過ぎるまで頑張ってください。

Re: No title

■haru88さん
画像合成に対する是非は非常に難しい問題だと思います。
僕は明確なこだわりは無いですね。
使うほうが一番良い結果が出せるなら使います。
今回だと撮りたい画があってもそれを撮るための機材が足りないので合成で補う形ですね。

その鍛錬の結果に画像編集技術が加わった時、新しい物を生み出せるのではないでしょうか。
せっかくPhotoshopがあるんですから一度試してみることをお勧めします。

お気遣いありがとうございます。
梅雨までの辛抱なのですが梅雨になると野外撮影に行けなくなるので悩ましい所です。

コメントありがとうございました。
カウンタ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。